音楽

自分の名前、好きですか~未来花

昨日はスキマスイッチ15周年おめでとう!でした。
ニューアルバムをひっさげ只今絶賛ツアー中。
私は来週行きます♪
(鼓膜破れた為、断念)
一度でいいから、ツアー全部回ってみたい。夢ですね。

ニューアルバム【新空間アルゴリズム】というアルバム名ですが、
一瞬見ただけでは「?」な感じの考え込まれたタイトルが素敵です。
その中に収録されている【未来花(ミライカ)】という曲。
コンタクトレンズのCMにも使われていますね。

歌詞に「命の証として誰もが貰う贈り物」というようなフレーズがあります。

“名前”です。

ここで昔の自分を思い出しました。
10代後半から私は自分の名前を呼ばれるのが、とても嫌でした。
特に出掛けてる先で、大声で呼ばれるのが恥ずかしくて嫌で仕方なかったです。

『なんでそんなに私の名前を呼ぶの?』と思う時もありました。

“呼ぶ”のだから“名前を声に出して言う”のは当たり前ですけど…。
割とある名前なので、『もっと可愛い名前が良かったな』と思ったりもしました。

【未来花】━。

この曲を聴いて、歌詞をよくよくかみ砕いてみると、とても温かい気持ちになります。
と同時になんだかキュンと切ない気分にもなったり。
一生懸命、自分のことを考えながら両親祖父母が付けてくれた名前。
こんな風に育って欲しい…願いを込めて、私だけにくれたたった一つの贈り物。

嫌だな、と思ってた自分も、間違いなく私自身の気持ちだったのですが、
今は好きです。呼ばれると嬉しいです。
私という人間を表す“名前”。
由来のように育って、今生きてるかは分かりませんが(^-^;

感謝の気持ちと、これからもこの“贈り物”を大切にしていきたいという想いが、ふっと芽生えた瞬間でした。